ちょっとしたアウトドア体験や、城や歴史好きの人にピッタリの散策スポット。松山城

北九州空港への連絡橋のすぐそばにある小高い山の山頂につくられた戦国時代の山城。大内氏、毛利氏の時代を経て、豊臣秀吉時代には、黒田官兵衛によって整備され豊前地域の北の守りとされました。

山の半分程度は切り出されてなくなっていますが、当時の遺構は山頂までの土塁跡や館のあった山頂付近に残っています。

日常的に容易に訪れることができる山城で、登山道入口には数台分の駐車場もあり、歩きやすい服装であれば徒歩で25分程の散歩感覚で山頂の城跡までたどり着けます。迷う道もなく急な箇所は階段状に整備されているので苅田町や北九州空港、周防灘の景色などを一望したい時には展望台がわりに登るのもオススメ。


ちょっとしたアウトドア体験や、城や歴史好きの人にピッタリの散策スポット。