「地域の人たちを結ぶ」we road

明治28年(1895年)に民間による九州鉄道が行橋まで開通させた際に「刈田駅」として設置された日豊本線で最も古い駅の一つ。
その後、国鉄となって駅名も草冠のつく「苅田駅」へ。東京にある神田駅と区別するという理由で一時「かりたえき」と呼ばれていたこともあります。
平成18年(2006年)に北九州空港の開港に合わせて玄関口の駅としてリニューアル整備され、現在のペデストリアンデッキを備えた姿になりました。駅の東西を結ぶ自由通路には、「東西を結ぶ」、「地域の人たちを結ぶ」という意味から「WE(ウィ)ロード」という愛称がついています。

建設当時、日本最大級と言われたアルミ製の巨大な構造物は工業の町・苅田のシンボリックデザインで一見の価値があります。年末年始のイルミネーションで輝く姿もオススメ。

(空港橋:新北九州空港連絡道路)